米とワンダーランド

いちにちいちありがとうをジャニーズWESTに

ジャニオタ夏の決算報告2017

これまでジャニーズ追いかけてきてちゃんとお金を計算したことが無かったので2017夏の現場縛りで記録に残すことにしました!

 

まず前提として

東北住みのしがない高2の16歳です新幹線はかろうじて学割ききます。

バイトは校則で禁止なので月1万円のお小遣いで必死にやりくりしていますが、今年の夏は借用書を書いて姉にお金借りました。

この夏はすべての移動手段に高速バスを使いました。夏はバスを使えるからありがたい(>_<)

金銭面ではいつもギリギリ生きるSJK

 

🐘💖

キントレ 7/23  6740

少年たち 8/11 8780

ジャム魂 8/15 8940

 

 

君たちがKING's treasure 六本木EXシアター

往路4100

復路4430

グッズ 1600×2

計18470チケ含む

 

少年たち 南の島に雪が降る 大阪松竹座

往復22900

グッズ3000

ホテル 2980

計37660チケ含む

 

関ジャニ∞LIVE TOUR ジャム@東京ドーム

往復10200

グッズ600

計19740チケ含む

 

今数えられるだけで75870円でした〜〜散財!正直このお金たちはどこから出てくるのだろうと思うけれど彼らの存在プライスレス…

お父さんお母さんありがとう!娘は今日も元気に生きてるよ!!!

 

世界はまだまだ広かった〜私が東京B少年に落ちるまで〜

私的この夏の開幕戦、キントレKINGハイB公演に行って来ました!!!そこで初めてジャニーズジュニアの現場に行ってすっかり虜になった話をします!

 

本当に無知なので、そんなの当たり前だろ!と言われることが多々あると思いますが長い目でご覧ください(>_<)

ものすごく期間が空いてしまったのですが少年たちの前にはあげようと思って大阪に向かいながら書いてます(>_<)

 

2017.7.23 六本木EXシアター

ここが私の沼への入り口でした。ずっとデビュー組と呼ばれる人たちを応援してきたのですが、KINGはひそかに写真集を買って眺めてきてやっと会える日でした。正直な事を言うとKING以外の子たちは名前聞いた事あるくらいでほぼ無知でしたごめんなさ~~~~~い

でも何も知らなくてもズブズブと音を立てて沼にはまっていく自分を久しぶりに感じた気がします。

 

①距離が近い

今まで入ってきたコンサートと圧倒的に差がついたのは距離です。キャパも狭くてスタンディングも初めてだし驚きいっぱいでした。

双眼鏡なんて必要ないしスタンディングなのでそんな暇がありません。

キャパが狭い故のスタンディングなのかなあ…

EXシアターはシーティング構成が可能なのにも関わらずスタンディング構成でした。もちろんチケットがある分だけ需要もありますから、入れるだけ入れてしまえ精神で仕方ないのかもしれません。しかしもともとの箱が小さいのでどこに入っても肉眼で見ることができます!

今回主要だったメンバーは13人、そこにプラスで無所の子4人だったのですがこの17人誰を応援していても言えることは、目が足りない!!!きっとこの現象私だけではないと思います(笑)

東京ドームクラスになるともはや客観視できるほど距離が遠いけれどEXシアターは目が何個あっても足りないだろうなあと思いました。動き回るわ飛び回るわでお隣の方と何度も気まずい空気を味わいました(笑)

 

②みんな若い

約2時間見て思ったことは、若い!

だってほとんど学生なんですもの〜〜〜〜!

平均年齢15歳、最少の金指くんは13歳!もうほんっっとに若かったです(笑)

30代40手前のおじさま達とはパワーが違うなと思いました(当たり前)

ファンの平均年齢もかな〜り若かった気がします。今まで入ったどんなコンサートよりも若かったです。小学生の4人組がいたことに驚きました。

 

③とにかくしゃかりき

全員がデビューという大きな目標に向かってとにかく全力でひたむきでしゃかりきでがむしゃらで一生懸命な姿が伝わってきました。関西ジュニアで育ち、東京ジュニアを引っ張っていく存在になった2人を見て自然と涙が溢れてきました。あ〜〜大きくなったな〜〜〜〜〜〜しょおれん( ; ; )

 

④金指一世くんという存在

小さいながらも魅力たっぷりだったのが東京B少年の金指一世くん!私は後から知ったのですが1番最後に加入したメンバーが金指くんだったようです。

確かに少クラを見返しても東京B少年の金指一世として紹介されてるのが6/2以降でした。なんてフレッシュなんでしょう!!!

一世くんの、遠くからでも分かるお顔の可愛さに惹かれました私。

小ちゃな体で一生懸命踊る姿に涙が出そうになったほどです!

とにかく顔がかわいい!!!

 

⑤ぐいぐいエリートコース

東京B少年のみなさん、驚くほどに若いんです!びっくりしました!それでいて、入所1年そこそこの子が多い超絶エリートコース!

スーパーキラキラアイドルになるので僕たちについてきてくださいと唱える那須くん、高一でした、昇天。

義務教育中の子も何人かいるので学業と両立させるのが大変だと思うけど、アイドルになる事を選んだくれたことに心から感謝です!未来しかない!!

 

⑥最後に

なかなか説得力のない文章ですが、彼らの魅力は生で見てこそのものなのかなとも思います!私はある曲での一世くんのアクションで落ちました。小さい箱だからこそ、遠すぎて目が合わず、近すぎて目が合わずということがなく、しっかり自分にファンサしてもらえる感覚を味わえるのが醍醐味だなと感じました!

だから彼らは現場で落とすのが得意だと思います。生身の人間なのでいくら一日二回公演でもたった一度きりしかないパフォーマンスをしてくれますし、何度入っても飽きさせることはきっとありません。

 

ジュニア黄金期と呼ばれたあの時代から時は過ぎ、今は第二次ジュニア黄金期だと私は思います。しかし今はジュニアと呼ばれる子達でもグループにいれば単独コンサートや主演映画、CM、ドラマ、写真集など本当に数え切れないほどのお仕事が舞い込んでいます。

それゆえ、どこのグループにも所属していない子達は「グループに入りたい」と言います。この同じジュニアでもグループに入れた子と入れなかった子との差は応援している身にとってもとても大きい事だと学びました。

もし今グループを組まれている子たちでもデビューが出来なかったら、と考えると胸が痛いです。今日の歌番組のバックに誰がつくかな、次のデビュー組のツアーバックは誰かな、ジャニショに写真はあるかな、ジュニア担は毎日毎日どんな心労で生きているのだろうと心が擦り減る思いです。

でも!だからこそ!今彼らがステージ上で輝いている一分一秒一瞬を、少しも見逃さずに見ていたい!目に焼き付けたい!見届けたい!そう思って今日も現場に駆り出しているのでしょう。

彼らが今ここにいること、その事実が今の私の生きる活力です。儚く消える夢の如くある意味"期限付き"の彼らだからこそ、こんなに夢中にさせてくれるのかもしれません。今日もキラキラ輝いてくれてありがとう!! 

 

 

 

 

 

 

担降り私の場合

大倉くんから小瀧くんに担降りしました。

 

担降りの定義がいまいち分からないけど、今限られたお金の中でどっちにお金をかけたいか天秤にかけるとダントツで小瀧くん!

キラキラしてて一生懸命で泣き虫で甘えん坊で守ってあげたくなる生き物暫定No. 1な彼

 

大倉くんがキラキラしてない訳じゃ無くて一生懸命じゃない訳じゃ無くて、よく分からないけど難しいけどこれが担降りなんだろう。ここまで至った経緯をつらつらと書こう…

 

大倉くんにというか関ジャニ∞というグループに本格的に目をつけるようになったのはエイトレンジャーが公開された頃

それまでは関ジャニ∞ね〜〜へ〜〜くらいだったけど姉に誘われて見に行ったエイトレンジャーで落ちました。

こんなに笑えて泣けて人間味があるアイドルがいたのか!

と。ここで嫌な思い出フラッシュバックしたんですが映画見に行ってこの頃セブンとコラボしてた初代エイトレンジャーのキティちゃん落としたんです。泣いたなあ…

 

そこからはもう早かったです。

まず速攻でFCに入るところから始まり申し込んだら運良く当たった8ESTの宮城公演に入ることが出来ました!

アニバーサリーのベストアルバム引っさげてのツアーだったので聴き込む際にもなんとなく耳にした曲が多くて楽しかったです。これが私の中で1番大きい勝因だと思うんです。

初めてのコンサートで知ってる曲しか流れてこない!これが楽しくないわけがない!もちろん知らない曲があったとしても十分楽しめるのですが、完全アウェイとは楽しさのレベルが格段に違う!

 

友だちと見よう見まねでフリーハンドで作ったうちわを持って、ツアーTをばっちりキメて会場入りしました。会場周辺にいるダフ屋が怖くてお姉ちゃんに捕まって俯いてた私ですが今では怯えず堂々と歩けるようになりました!入った瞬間の靄がかかっている空間、忘れられない〜いまでも大好きです〜!

高まる気持ちを抑えつつ始まった8EST

出てきた瞬間は関ジャニ∞という7人が本当にこの世に存在したんだ!という感情とOPのロマネに泣きました、、

もう登場からとにかく友達も私も顔が真っ赤で大号泣

 

と、書いてて思い出したんですけど、私が入った12/8の前の日に結構大きめな地震があったんです、しかも宮城県沖で。 

セキスイハイムスーパーアリーナは結構な田舎にあるので津波の心配は無かったのですが、ワンワン泣きました当時の私。

8ESTを本当に楽しみにしてたので中止になるのかなって不安になりました。

でもちゃんとやってくれてよかった!!!あの時が無ければ今の自分はいなかったほんとにほんとにありがとう!!!

 

という事も踏まえての涙、とりあえず初っ端からうまいこと心鷲掴みにされました関ジャニ∞の7人に!!

無責任も楽しいしズッコケも楽しいしコントも面白いし、、、とにかく笑った!とにかく楽しかった!!!

私の人生初のジャニーズのコンサートは一文字で表すと『楽』!この一文字に尽きます!!!

隣のチャイナ服着たお姉さま達すっごく可愛かったな〜〜!ボディーシール交換してくださいって言われてほんとはしたくなかったのにノリと流れで交換してたな〜私!あの頃はカラーギャングでギャンギャンアピールしてたな〜〜!

 

あ〜〜〜〜〜〜〜〜今思い出しても楽しい!

自分もエイトも若かった〜〜〜〜〜〜

 

そのあとから受験で応募できなかった元気魂と初めて落選した罪夏魂を除いては1公演は必ず全部入ってきました。

そしてこの夏、五大ドームツアーをもって担降りする事にしました。なにこれ女子ドルの卒業挨拶かよ、、

 

最後に、自担と呼んできた大倉くんの舞台と私が愛した関ジャニ∞のコンサートを見てから担降りというか、距離を置こうと思っていたんです。でも蜘蛛女のキスは見事に落選してしまい、夏コンも半ば諦めかけていたのですが幸運な事に東京1公演当選しました!!

これはもう神様からのプレゼントだな!と。

成長し、これからも成長し続ける関ジャニ∞を追いかけた証として、関ジャニ∞を愛した証として、姿を見届けてこい!と仰せつかったのだな!と。

 

正直、つい最近出演したMETROCK2017でのバンドファンの方からの評価を見て担降りが揺らいだ事もありました。

関ジャニ∞かっこいいとか安田くんギター上手いとか丸山くんトラップ上手とか、いい評価を見るたびに自分の目で見てきた関ジャニ∞正解だな!!やっぱりかっこいいでしょ?これが私が好きな関ジャニ∞だよ!!!って大声で言いたくなりました。超偉そうで上からな感想だけど、だけどこれが本心でファンとしてとっても誇らしかったです。

出会った当時もアリーナツアーを周り88万人動員するほど大きかった彼らだったけど今や年に2回も五大ドームツアーしちゃうんです!大きくなるまで見届けられたな〜〜もう大丈夫だな〜〜って気持ちになりました。

6年間関ジャニ∞を見てきて、あ〜〜やっぱり関ジャニ∞かっこいいな〜〜〜〜!!!って心の底から思いました。

バンドを出来るってジャニーズのアイドルとして大きな武器だと思うんです。もちろん、ダンスにはダンスの魅力があってそれはそれで見所だけれど、バンドって年を重ねてもいやむしろ、年を重ねるほどどんどん厚みを増すというか深みを増すというか、歳を取っても純粋にかっこいい!と思えるんです。

まだまだ関ジャニ∞といえばバンド!というまで浸透していないとはいえ、メトロック出演によって関ジャニ∞のバンドかっこいいと思ってもらえたこと、世間に関ジャニ∞のバンドを少しでも知ってもらえたことがすごく嬉しかったです。

関ジャムで培ってきたものを積み重ねて積み重ねて大きな大きな山が出来てるなあ、と。自分たちが手にしたものをちゃんとグループの特性として活かしているなあ、と。お仕事を自分たちで掴み取る、生み出すってすごいな!!

 

関ジャニ∞はいつもいつでもベストを更新し続けていると思います。そんな着実に大きくなり続ける関ジャニ∞をもっとずっと追いかけたい、応援したい、今引くのはもったいない、そう思うこともあります。でも今の関ジャニ∞には、付いていけないというか、引っ張ってくれないというか、私が好きな関ジャニ∞の状態ではないな、と感じることが度々あります。

なんかもういなくても良いな大丈夫だなやっていけるな自立したな、みたいな変な感情生まれてます。去る者を引っ張るような、そんな小さいグループじゃないしね関ジャニ∞!こればっかりはなんとも言えないけど過去のDVDとかメイキングを見てると今と昔で慣れというか意識の変化というか、ふと見えてしまうんですよね〜見たくなくてもプロの裏側が。

もちろんデビューして10年以上経ってるのである程度の慣れはあるし、あって欲しいと思います。でも慣れという言葉で片付けられるものと慣れなんかではなくて人としてアイドルとしていつまでもずっと持ち続けて欲しかったものがあって、それを失ってしまったのかなと感じます。具体的に言うと、スタッフさんに対する態度や送迎車に乗り込む態度などメイキングカメラを回してるから故に見えてしまう一面です。芸能人、アイドル、ジャニーズとしての彼らしか見えてない見てないという方にはまるで関係ない事ですが、私は中身からというか関ジャニ∞のそういう一面含めて好きだったのでこんな結果に至りました。あくまでも私個人の意見です!

 

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜でもやっぱりやっぱりなんといってもデカイのはお金だな〜〜〜〜〜〜

好きだからCDを買うし好きだからDVDを買うし好きだからコンサートに行くし、ひとりのファンとして私が出来ることって彼らの頑張りや労力にお金を払うっていうほんの一部にすぎないんですよね。なんか重い彼女みたい

このたった一部の事だけど好きじゃなければ全く必要のない支出であって他の事にお金かけるし、お小遣いの中ではやっぱり限界はあるわけです。

自分がお金をかけたいものは何なのか!誰なのか!

なんだかんだここが1番なんだな!!!

だってお金あればもっともっともっともっと追いかけたいもん!!!!!!!!!

ここで冒頭の話に戻るけど、限られた中で多くのお金をかけたい対象がいつの日からか小瀧くんに変わっていました。

このちっぽけで極僅かな小さい支出が集まって繋がって広がって大きくなってそのグループに貢献出来ていると 思うと今までの事は決して絶対に無駄ではないし、それがこれからはジャニーズWESTに、小瀧望くんに!って変わっただけです。

 

生きてればみんな、前に好きだった人は必ずいると思います。私なんて幼稚園の時は〇〇くんが1位で〜〇〇くんが2位で〜って順位付けしてるくらいでしたから昔からDDの血筋はあったんです。

一応担降りという名前は付けたけれど、もう嫌いになるわけじゃない!タダヨシーー!!!明日からあなたの事は全く見えてないし嫌いになりますなんて出来ないし。色んな担降りのタイプがあるけど私は好きな人が増えてそっちの方が愛が大きくなったタイプです。だから間違いなく、嫌いになった訳じゃないイェア!

小瀧くんへの好きが勝っただけだ!そう!

ちゃんと関ジャニ∞ジャニーズWESTを平等に当時に同じ大きさの好きを持っていた時期もあった!!!

けれど!好きの大きさは日々変化日々進化、日進月歩です。だから好きのベクトルは違えどこれからも私が関ジャニ∞を愛した時間は消えてなくならないと思っています。どう頑張ったって嫌いにはならないし未練たらたらだし。

 

まあジャニオタって趣味だしね!義務じゃないしね!!単調な毎日をどれだけ色彩豊かにしてくれてるか、毎日をちょっと豊かにしてくれてるもの!だと思っています。まさにそれがアイドルの本質だな。他人の人生を明るく豊かにしてくれるアイドルって職業なんて素敵なんでしょう!!!こうやってどんどんファンも先輩から後輩に受け継がれていくんだな〜〜!!!

だから今回のこの気持ちの変化を感じて今後の人生に残しておこう〜〜と書きました。

あ〜〜〜〜〜やっぱりジャニオタって楽しい!!!自分て稼げるようになってからが本当のジャニオタだろうな!!!これだからやめられない!!!まずはこの夏のチケット手配済みの公演でいっぱいいろんな刺激を受けるぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

以上私の担降りブログでした!!!

 

 

24から感謝が届いた話

ついにとうとうジャニーズWESTのファーストドームコンサートが映像になって、一生手元に残るものとしてやっとやっとやってきた!私のクリスマス!私たちのクリスマス!

 

24コンは私にとって初めてのことだらけの大切なコンサートになったので当時の心を忘れないように書いておこうと思う。というか忘れたくないくらい楽しいこといっぱい!

 

このコンサートが初めての大阪、初めての京セラドーム、そして始めての東海道新幹線!関西グループの歌詞でよく聞く駅や地名を見るだけでそりゃあもうテンションぶち上がりな一日でした。

チケットを取れたのは25日の夜公演だけだったので、ちょうど一年前の今日は楽しみで楽しみで眠れなくてまさかのオール(脳内小3)

当日は新幹線で約5時間、ここでも眠れませんでした。

 

新大阪から移動して大正駅を出て見えた京セラドームの景色はもうずっと忘れない!丸かった!そしておいしそうな形!思わず動画撮った!!

ちょうど昼公演中だった事もあり待ち時間ゼロでグッズをゲット!これにはびっくりもはやスタッフさんの視線が恥ずかしい程でした。。

 

秒でグッズをゲットして~ホテルにチェックインして~メイクを直して~~そうこうしている間にようやっと開場!暗転する前の空間も大好きなので早めに会場に入りました。

 

ドームという規模には慣れていたものの、初めての京セラドーム、ジャニーズWESTのファーストドーム、と構えるものが違ったせいかとても大きく広く、果てしないもののように感じました。

しかしそう思っていたのもつかの間、ぞくぞくと埋まっていく会場に、キラキラと光りだすゆきだるまに、ああこれが現実だ!45000人をジャニーズWESTの7人が連れてきたんだ!と、その過程を眺めているだけですでに胸アツ、、

 

コンサート終わって本編は思っていた通り想像していた通り、逆に、思っていなかった事想像していなかった事の連続で大号泣と大感謝!!!もう色んな感情が入り混じって恥ずかしいほど泣いてしまいました。

ありがとうと大好きの連続!!!

あんなに感動と涙と笑顔と幸せが溢れる空間に立ち会えた事、本当に嬉しかったです。小瀧くんが誇りって言ってくれたことも嬉しかった!人ってなかなか誇れるものを胸張って語ることって簡単に出来ることじゃないなあと思うんです。それを本人の口から夢を一つ叶えた瞬間に聞けたこと、新たなスタート地点に立った瞬間に聞けたこと、もっともっと上を目指してるよって気持ちが聞けたこと、ジャニーズWESTのファンとして誇らしかったです。

デビューから、デビュー前から応援してた訳では無いのにずっと見てきたというかずっと応援してきたような、育ててきたような、上手く言葉に出来ないけれど、ジャニーズWESTって色んな人に愛されてきたんだな〜〜って感じました。だからきっと昔からのファンは我が子の成長を見守る卒業式や入学式のような気持ちだったんじゃないかな〜〜と思います。

その点ジュニア時代の曲を歌ってくれたのは増えてく母にも成長過程を見せてくれたようでもっともっと応援したいなと純粋に思わせてくれました!

たくさん取れた風船を小さい子に譲ってた方、銀テープを譲ってた方、いろいろな形で人とのつながりを間近で見れた時間でした。最後の手繋ぎもそうです。WESTの現場では初めてでちょっと照れくさかったし手汗ごめんねって感じだったけど、ジャニーズWESTのファンという嘘も偽りもないただ一つの共通点だけで一緒に楽しくなったり嬉しくなったり懐かしんだり悲しんだり元気になったり、たくさんの愛と大好きを共有できるって素晴らしい!!!人間ってあったかいな!!!改めて心の底からそう思えるコンサートでした。

 

もちろん予期せぬ涙で湖出現しそうなほどアイメイクはぼろぼろだったけど心は最高潮に満たされマックス!!!なぅえすと当落が出ていて次に会える確信があったのも大きいかも。次会える確信あったコンサートもこれが初めて!

 

とにかく泣いて笑って踊って歌って私の人生史上最高に楽しいクリスマスになりました!

あ~~~~~楽しかった~~~~~~~

 

っていう思い出たくさん蘇った24コン円盤!

演出とかメニュー画面とかリミックスとかだんだん豪華になってるしこれからいつでもあのクリスマスに戻れると思うと生きれる~~~

 

楽しいと大好きしか溢れないよ〜〜〜〜〜〜

ああ~~~~~~~~ジャニーズWEST大好きだ~~~

もう今しか見えない!今しか見てない!!最高の初夏のクリスマスプレゼントをありがとう!!!

ジャニーズWEST3周年おめでとう

タイトルの通り今日4月23日は7人でのCDデビューの日!3歳という節目におもったことを書き留めておこうと思う。

 

デビューする時から追ってきたわけではないけれど過去を辿っていくと昔からのファンが7人にこだわってきた事が分かる。

当時嵐とエイト担だった私は2013→2014のカウコンをテレビで見てて名前くそだせえwwwくらいにしか思わなかったけどあの4人のデビュー発表はかなりインパクトが大きかった。それが1年もしないうちにこんなにも沼にズブズブ溺れていくとは…

 

私が初めてジャニーズWESTを見たのは忘れもしないラキセのオーラス

基本的にこれまで入った公演の日付は覚えているけどこの公演だけは運命を感じている。

というのも実は全滅からの復活当選で嬉しさマシマシだった

席はありがたいことに花道から2列で汗の粒ひとつ、毛穴ひとつ眺めることができた

 

どんな服を着ようかなどんなメイクをしようかなどんなうちわを作ろうかなのワクワク感を堪能しつつついに迎えたコンサート当日。

まず若いGのコンサートが初めてだったから会場外に溢れるファンの若さに驚いた。

もうみんなキラッキラで、嵐エイトでは味わえない不思議な感覚を覚えている。

そして目の前の4連のお姉さんたちがほんっとうに可愛かった優しかった!!!

流星くん担の姉と入ってテープ取れなかったねぇとぼやいているとすかさず振り返って青の銀テープをくれて、そしてさらに小瀧担だと気づいた私にピンクは取れた?と声を掛けてくださった。。私はここでジャニーズWESTに惚れた後ジャスミンにも惚れた!!そうこれが私のターニングポイント!タレントも然ることながらそのファンにも惚れるっていう!!!

実際にその後現場を重ねていくに連れいろんな土地で心あたたかいジャスミンさんに出会いやっぱり私は間違ってなかった!!!と思いが強くなっている

 

随分話がそ!れ!た!

当のコンサートは言うまでもなく最高オブ最高

ただただ純粋に楽しくてただただ捌けていってしまうのが寂しかった。それはどのコンサートも同じだけど。

そしてなによりもジャニーズWESTに落ちていったいちばんのきっかけというか原因というか要因というか、大きな引き金となったのは彼らの口から出てくる言葉。

きっと誰の心にも残ってるであろう重岡くんの「愛には愛を、熱には熱を」が生まれた公演でもあったけれど、コンサート中に口にする言葉のひとつひとつが、ずっとずっと響いている。

僕たちもみんなと同じ人間やから、辛いこと苦しいことがあるけどまた会えるまで頑張れるよね?笑って会えるまで頑張れるよね?(ニュアンス)って言った照史くんの言葉。これは本当に、響くっていうか、刺さるものがあってこれをメモって何度も何度も読み返して元気付けられたり頑張ろうって思えたりとにかくこれからの人生でもずっと覚えておきたいなていう大切な言葉。

 

ジャニーズというとキラキラしてていつも笑顔でどんなときも楽しそうって錯覚していたけれど、実際は全然そんなことなくてむしろ一般の人よりたくさんたくさん大変なのにそんなそぶりいっこも見せないのすごい!

たまには弱音を吐いてよ!辛いところ見せてよ!なんて出すぎたことを思うけど、芸能人であり、アイドルのジャニーズWESTを好きになったからその光り続けるキラキラをずっと追いかけて生きたい。

まだまだ成長途中の知らない何かを好きになるという経験が初めてだから新鮮でワクワクドキドキな毎日をありがとう!後半AMLに泣かされながら思うがままに打ったけど、ジャニーズWESTを降りる時はジャニオタを終わる時なんだろうなあなんて覚悟で毎日大好きを更新中だよ!!!!!!!

 

4年目もワクワクドキドキキラキラが溢れる素敵な毎日になりますように!

 

 

 

 

 

ハッピーなジャニオタライフ

ワ~~~とうとう念願のはてなブログ始めちゃったぴ~~

いつもいつも読む側だったけどジャニオタ人生いつまで続くかわからないので思い出として書くことにしました~~パソコンの使い方むっずかしいけど!!

小学生以来の絵日記気分ですワーイ

 

望くんが生きてる世界にカンパイ